プロミスで上司バレ、会社バレを防ぐための方法&言い訳ガイド

これからプロミスでキャッシングしようとしているあなたに、上司バレ、会社バレしない方法と賢い審査申込み方法をガイドします! これを読んで安心してプロミスでお金を借りてみてください。

プロミスは基本上司バレはしない!でも念には念を入れて!

これからプロミスでお金を借りようとする人が心配になることの1つに上司バレ、会社バレがあると思います。これは審査の上で必要な会社への在籍確認の電話が発端になってバレるのでは?という懸念に繋がるんですが、普通に対応していたら上司バレはまずありません。ですが疑い深い上司や同僚の場合、どこからの誰の電話だったのかとしつこく聞いてくる可能性も無きにしもあらず。それきっかけでプロミス利用がバレぬよう、一応は言い訳は用意しておくと安心かと思います。

またプロミスは街中に自動契約コーナーがありますがあれも利用しないほうがいいでしょう。
たまたま会社の人に見られたら終わりですし動かぬ証拠となってしまいます。
なので絶対にばれたくない人はそこまで考えておくべきなんです。
それをやるだけでもだいぶ上司バレ、会社バレのリスクはなくなるはずですよ!

※効率が最もいいプロミスのWEB申し込みはここからできます!
プロミス 300*150

在籍確認でバレないようにする方法

まず大前提として言っておきますが、プロミスに限らずどんなキャッシングサービスでも勤務先への電話での在籍確認は絶対にあります。これが無い、もしくはなしにできると言っているサイトもありますが、それはまず嘘と思っていいでしょう。そういうのに期待しないほうが良いです。もし可能だとしても超超超、例外的な措置と考えるべきです。

さて、会社にかかってくるプロミスからの電話なんですが、当然ながらプロミスとは名乗らずに個人名で電話してきてくれます。ここで心配になるのが、うちの部署は個人から電話なんて基本こないよ!ってことだと思うんですね。営業部とかだったら個人電話も有り得るものの、それでもやっぱり法人からのほうが多いでしょう。・・・そういう電話を上司やら同僚やらに取られて怪しまれる(バレを懸念する)というのがあると思います。

ですがプロミスももう何十年とやっているキャッシング会社ですし、それでバレるようなことがあるならもう個人名での在籍確認なんてやっていません。
そう、バレないから今でもやっているんですよね。
つまりはお金を借りる側の過度な心配、杞憂ってやつです。

ですが、もし上司や同僚が過去にキャッシングをしたことがあり、鋭い嗅覚で「もしかしてキャッシングの在籍確認電話じゃね?」と思れないとも言い切れません。
その場合に備えておくべきはたった1つの言い訳だけで良いです。

・・・『あ、今のは最近申し込んだクレジットカードの審査でした。テヘヘ!』
これで万事OKです。

審査であることの嘘はついていませんので後ろめたさもないでしょうし、そう言われたら相手ももう突っ込みようがありませんからね!一切の動揺を見せずに、さっきのセリフを言い放ってあげましょう!

電話の時間帯や性別も指定できるから安心!

プロミスでは利用者の不安に寄り添った運営をしており、在籍確認の電話でもその時間帯や電話する担当者の性別までこちらから希望を伝えることができます。
例えばどうしてもそのタイミングでいて欲しくない上司がいるなら、外出日時を調べておいてその時間に電話してもらうとか、も可能です。
また、今から電話しますよーという直前に、自分の携帯に確認電話をしてもらうことも可能なようです。

ここまでしてくれる良心的なキャッシングサービスってあまり無いと思いますし、これ以外にも希望があるのであれば在籍確認の前にプロミスコールに電話して要望をお伝えしてみてください。できる限りの計らいをしてくれると思いますので!

ここまで読んだら、もうキャッシングが上司にバレる心配はだいぶ緩和されていると思います!安心してプロミスの審査に申し込んで金欠を凌ぎましょう。

▼便利なWEB申込みはここからできます!
プロミス 300*150

プロミス以外にも銀行系もあります。キャッシングの基礎知識

一括りにカードローンと申しましても、プロミスで有名な消費者金融系のものだったり銀行系のものだったりと、いろいろな商品が用意されているので、後で後悔することがないようにするためにも、信頼に値するデータに基づき、納得できるまで比較してから申し込みに進むことが大事です。
カードローンの審査と申しますのは、申込時に記載する情報をもとに、申込者の信頼性を判定するために為されるものだと言えます。堅実に返していくことが可能かどうかという部分が最も重要視されます。
いくら借りるのかにより開きがありますが、金利3%という低金利にて借り入れすることができる銀行もあるのです。返済の方も、フリーローンであれば銀行口座から自動返済されることになりますので、まったく手間がかかりません。
総量規制と申しますのは、借金の過重な負担を阻止して、利用者を守ってくれる規制として知られていますが、「総量規制に抵触してしまうと、全くもって貸し付けしてもらえなくなる」わけではないのです。
カードローンの借り換えを完了した際にしばしば見られるのが、たくさんの借入先をひとまとめにしたことで安堵してしまって、それまで以上に債務を重ね、結局負担が倍増してしまったという最悪のケースです。

低金利で人気のおまとめローンを検討する際は、重要なファクターがあるのです。それというのは、上限金利が他社より低い数値となっているということなのです。10万円単位のキャッシングであれば、上限金利が適用されるゆえです。
「一刻も早く借り入れしたい」という場合、どの金融機関に依頼するのかは本当に重要ではないでしょうか?当WEBページでは、現金を手に入れるまでが予想以上に迅速な消費者金融をランキング順に並べております。
電話連絡をすることによる在籍確認ができないと、審査をクリアすることができない可能性があります。そしたらお金を借りるというのもできなくなってしまいますから、100パーセント電話を受ける準備だけはしておくことが必須でしょう。
基本的に、フリーローンの申請に担保を準備する必要はありませんが、より高額のお金を低金利で調達する時には、担保が入り用になることもあるので要注意です。
お金を借りるという時に、「自分がカードローンの審査に受かるかどうか」気に掛かりますよね。そんな人のために、「審査で不可を出される人の傾向」というものを紹介しましょう。

審査結果がすぐに提示されて、たちまち借り入れできる消費者金融をランキング順に掲載しております。「いきなり食事に行くことになった!」という時に、短時間の内に現金を手にできるのは心強いものです。
全国に支店網を持つ金融機関が展開しているカードローンの大多数が、急な入り用にも応えられる即日融資を標榜しており、申し込み手続きを完結したその日のうちに必要なお金を借りることができるので非常に便利です。
おまとめローンを利用して借金するなら、当たり前ですが現時点より低金利になる銀行を選ぶべきです。貸付利率が高いおまとめローンを選んだとしたら、お得な点はまるでないというのは言わずもがなです。
お金を貸してほしいという時に、殊に肝要になってくるのが現金化できるまでの時間だと思います。こちらのサイトでは手っ取り早く現金がゲットできる消費者金融をランキング化してご案内させていただいております。
銀行が取り扱っているカードローンは、消費者金融が営んでいるカードローンと比較して低金利が適用されており、また総量規制に引っかかる心配がないので、1年間でもらうことになる収入の1/3を超える融資も可能となっています。

公開日:
最終更新日:2018/03/10